充電できない、パソコンで認識しない場合など

液晶割れiPhoneの画像ドックコネクターは充電やPC接続を行う重要なパーツにあたります。
充電が出来ないときはバッテリーの不具合なのか、コネクター部分の故障なのか判断がつきにくいことありますので、まずは当社にご連絡ください。
簡単なドックコネクター故障の切り分けとしては普段使われている充電ケーブルではなく他の充電ケーブルに交換してみる事です。
それだけで解決してしまう場合もありますが、それでも問題が解決されない場合は本体側の故障になります。
たまにドックコネクター内部にピンセットなどを差し込みする方がいらっしゃいますが、内部でショートしてしまう事がありますので絶対に行わないでください。
また充電ケーブルの先端がドックコネクター内部で折れてしまう事がありますが、この場合は外側から折れた部分を取り外す事は非常に困難となりますのでドックコネクターの修理に出す事をお勧めいたします。

【 ドックコネクター交換が必要な症状例 】

  • 本体が充電されない。
  • iTunesを起動しても認識していない。

直接お持ち込み頂ければ最短で1時間前後で作業が完了致します。
充電がされないという事で当店に相談いただく事は多いですが、ただ充電時間が短かったという事は結構多くあります。
その場合はバッテリーや、ドックコネクターが故障した!と感じる方も多く、バッテリーが完全になくなった状態(0%)からの充電の場合は通常時よりもお時間かかりますのでご注意ください。
残量が0%の状態で1時間くらい充電しているのに電源が入らない場合は本体側の故障が考えられますのでご相談ください。

TOPに戻る