ボタンが押せない、反応しない、鈍いなど

液晶割れiPhoneの画像 ホームボタンはiPhoneのパーツの中でも使用頻度が高い為に、故障事例が非常に多くなっています。
シール等でボタン自体を保護しても、経年劣化で傷みやすい部分となりますので壊れてしまうことが多々あります。
ホームボタンのクリック感が新品購入時よりない場合や、押してもなかなか反応しない場合は、内部のパーツが劣化している可能性がありますが、部品の交換を行うことで解決します。
万が一押せなくなってしまった場合は、機能にあるAssistiveTouchを利用する事で画面上にホームボタンの代わりを出す事が可能となり、
設定 > 一般 > アクセシビリティ > AssistiveTouchの順番で設定が完了いたします。
すぐに修理に出す事が難しい場合はこちらの機能が非常に便利となりますので一度試される事をお勧めいたします。

【 ホームボタン交換が必要な症状例 】

  • 押しても反応しない、認識しない。
  • ボタンがめり込んでしまった。
  • ホームボタンが割れた。
  • ホームボタンの効きが悪い。

直接お持ち込み頂ければ最短で1時間前後で修理が完了致します。
同じ症状の方は一度お問い合わせください。

TOPに戻る