iPhoneを水没させてしまった時は。。。

液晶割れiPhoneiPhoneをトイレや流しなどに水没させてしまったり、ジュースやお茶などの飲み物をiPhoneにこぼしてしまう方は非常に多くいらっしゃいます。水没の場合は内部に「水没マーク」が表示されてしまうことがあり、この水没マークがでてしまうとApple Careでは保証対象外となり、 修理ではなく新品への本体交換になってしまい多額の費用とお客様の大切なデータが全て消去されてしまいます。
万が一、水没をしてしまった場合は的確な処置を行えば高い確率で復旧が出来ますので、まずは一度当社へご連絡ください!

~ 修理店へ持ち込むまでの対処方法 ~

1.すぐに電源を切る
まずは水から取り出したiPhoneは振ったりせずにボリュームボタンを下向きにし(中の水が抜けやすい)表面についた水分をタオルやティッシュなどで拭き取ってください。
この時点でSIMカードを抜いておくのも水分の抜けやすさや保護の観点からみても効果的です。iPhoneの電源がまだ入ったままの状態でしたら、すぐに電源を落とします。不安はあるかと思いますが電源を落とした後もう一度電源を入れてみることや充電などははショートの原因になりますので絶対にしないでください。
2.乾燥させてしまう行為はNGです
まず物を水に濡らしてしまった場合、多くの人は濡れてしまった物を「乾かす」ということを思い浮かべてしまいますが、この行為は精密機器であるiPhoneの場合はNGです。噂などでお米の中に入れる、乾燥剤を入れて密閉させる、ドライヤーなどでiPhoneを乾かす。などということは絶対にしないでください。

~ 水没した液体により腐食の進行具合が違います ~

水没と言っても液体は様々で真水や海、プール、お酒、コーヒーなどあると思います。
真水の場合には本体の表面についた水分をタオルやティッシュなどで拭き取ってください。乾燥と同時に腐食は進行しますので乾燥を防ぐ為にジップロックなどで中の空気を抜き密閉してください。

海水は塩分、プールは塩素、お酒なども塩分や糖類などが多く含まれている為、基板やチィップなどの腐食の進行が非常に早いので真水と比較すると復旧率はガクンと下がります。水没後すぐに修理店で分解アルコール洗浄を行えるなら最善とは思いますが、無理な場合は応急処置として真水や水道水で塩分などを洗う事も効果的です。
もちろんケースバイケースですが、海水に浸かってしまった場合は同じ水没でも水の方がはるかに復旧できる可能性が高いからです。その後にやはり乾燥を防ぐ為にジップロックなどで中の空気を抜き密閉してください。

3.水没したらスピードが命!
液体の種類によりますが、弊社では長年のパソコン(Mac.Windows)修理の実績や経験から水没したiPhoneのデータを高い確率で復旧出来ております。しかしどんなに優れた技術をもってしても、コンピューター基盤のロジックボードの腐食が進んでしまうと修理や復旧は難しくなってしまいます。水没や水こぼしなどの液体混入をしてしまった場合は応急処置をした後に1分1秒でも早く修理依頼をしてください!命運を分けるのは時間との闘いです。当店にお持ち込み頂ければ水没の場合は最優先で分解調査を行いますのでまずはご連絡くださいませ。
4.安心の成功報酬
当店は水没修理の場合はメインのコンピューター基板のロジックボードまで分解し細部まで調査を致しますが、様々な手を尽くしても誠に残念ながら復旧できない場合もございますが、修理が可能な場合はお見積もりをさせて頂きます。
修理は可能でもあまりにも修理項目が多く、お見積もりが高額になってしまうこともございます。
その場合は、お客様のご都合に合わせて修理項目をご提案させて頂きます。
復旧が可能な場合でデータだけどうしても取り出したいという時には例え画面がつかなくてもPCに認識できる状態まで修理できたら、その時点で修理作業をやめるということも可能です。
水没修理の場合、特殊アルコール洗浄調査はお見積もりをさせて頂く為に必要な作業となります。(基本作業時間1時間前後)
特殊アルコール洗浄基本料金は修理不可・ご依頼キャンセル時も発生致しますので予めご了承くださいませ。
※ 大切なデータを守る為にも、日頃から小まめにバックアップをとる事をお奨めいたします。

※上記の価格は基本洗浄の料金となります。
他の部位の故障に関しては別途有料となりますのでご了承ください。

【 水没などその他の故障例 】

  • 水没してしまった。
  • ボリュームが効かなくなってしまった。
  • 充電器を抜くと自然と電源が切れてしまう。
  • 下部スピーカーから音が出なくなった。

オフィス、プライベートに関わらず使用しているので、飲み物をこぼしてしまう事例は少なくはありません!!
「乾かしたら直る」なんて間違った都市伝説がありますが、決してそんなことはありません。
内部に水分が残っている状態で、電源を入れてしまうとショートしてしまう可能性があります。
また「水没マーク」が表示されてしまうことがあり、この水没マークがでてしまうとApple Careでは保証対象外となり、 修理には多額の費用とお客様の大切なデータが全て消去されてしまいます。
まず一度当社へご相談ください。

TOPに戻る